強迫性障害とはどのような症状か

強迫性障害という病気を聞いた事があるのではないでしょうか。精神疾患の一つでなんと50人に1人の割合で病気にかかっているというポピュラーなものです。

 

 

 

脅迫性障害とは自分の意思に反して不合理な考えやイメージが頭に繰り返し浮かんできてそれを振り払おうと同じ行動を繰り返してしまう病気です。

 

 

 

抑えられない強迫観念が襲い、分かっていてもそれを止めることができません。また、不安を打ち消そうと何度も確認をしたり、意味のない行動を繰り返します。

 

 

 

手を洗った後でもまだ汚れているのではないかとまたすぐに洗いに行ったり、カギをかけたか不安になって何度も確認しに行くという行動を取ります。誰しも生きていたらこのような行動を起こしたことがあると思いますが、これが日常的になり、毎度同じ事を繰り返します。

 

 

 

また、もう一度確認すれば十分なところを3度、4度と確認しなければ気がすまなくなります。意志に逆らってよく分からない不安に陥り安心するまで何度も繰り返すというとてもやっかいな病気です。

 

 

 

 

さらに怖いのは脅迫性障害になると、この病気だけではなくうつ病も合わせて発祥することが多いことです。うつ病になると自殺するなどの危険性が高まるのでさらに大変です。

 

 

 

患者の多くは19歳〜20歳になっており、成人患者の30〜50%は小児期から症状が出始めていることが分かっています。また、原因は脳内の神経伝達物質であるセロトニンなどの機能異常によって起こると言われています。治療はこのセロトニンを正常にする薬が処方される事が多いです。

 

 

 

 

このように脅迫性障害は患者人数も大変多くなってきています。脅迫性障害だけでなく精神疾患は年々増加傾向にあり、今最も注目されている病の一つです。まだ詳しいメカニズムは解明されていないのでこれから研究が増えていくことでしょう。

 

 

 

 

精神疾患に有効的な薬が開発するのを待つしかないので脅迫性障害にならないように心がける事が大切です。もしなってしまったら早いうちに精神科に受診する事をオススメします。

 

あまり広く知られていない精神疾患のひとつに、「強迫性障害(強迫神経症とも)」と呼ばれるものがあります。これは脳内システムの不調からくる疾患ですが、軽度の症状であれば本人にも周囲にも、病気だと感知されることが非常に少なく、見落としやすいという特徴があります。

 

 

 

 

また、強迫性障害の診断基準にもあいまいな部分があります。「家の鍵を閉めたかどうか、1回以上必ず確認に戻る」「悪いことが起こらないように、自分だけの祈りの言葉を内心で呟いている」「刃物などを見ると凄惨な事故や事件が起こるのではないか、と敬遠してしまう」…など、強迫性障害を診断するためのチェックリストは多岐にわたっているのですが、こういった項目は「それは、ごく普通のことではないか?」と思えるものも少なくありません。

 

 

 

 

 

このように「普通にしていること」「強迫性障害ゆえにしていること」が混ざり合っているために、本当にその行為が病気によるものなのかどうか、と疑問に感じる人も少なくないと思います。

 

 

 

 

一番肝心なのは、自分自身・あるいは周囲の人間が、その行為によって日常生活に支障をきたしていたり、あるいはその強迫観念や不安に過度の心的・体的な疲弊を強いられてはいないか?という点です。

 

 

 

 

現在はインターネット上を少し調べれば、強迫性障害による症例はいくらでも出て来ますし、大変長い自己診断チェックリストを入手することもできます。ですがそういった数々の項目を見て行くとともに、「自分はこの状態をおかしく思う、そして改善したいと思う」そう感じられるかが境目です。

 

 

 

 

自己診断はあくまで自己責任でするものですが、そういったチェックリストを参考にして、少しでも自分に当てはまるものがあり、またそれをおかしいと自覚できるのであれば、精神科や心療内科などの医療機関への受診をおすすめします。

 

 

 

自分自身のことではなくとも、家族や親しい人間に思い当る症状を認められるのであれば、強迫性障害をうたがい、医師の診断を仰ぐのがよいでしょう。

続きを読む≫ 2016/10/07 16:32:07

 

 

外出の際、自宅を出て少し行ったところで「しまった、ガスの元栓を閉めたかどうか、きちんと確認していなかった」と気づき、家に戻って確認してから再出発する。ごく普通にある光景です。

 

 

 

ところが、これが毎回の外出時に発生するようになると、周囲の人には「何で同じことを何度も繰り返すんだ?」と訝しく思われるでしょう。本当は無意識のうちに確認しているのですが、家を出て一定の所に来た時点でそのことがあやふやになり、「閉めた気もするけど、やっぱりもう一度戻ってみないと心配」と不安に押しつぶされそうになってしまうのです。

 

 

 

これは一例ですが、こうして不安や強迫感にとらわれ、様々な行為をあたかも儀式的に行わないと気が済まなくなる…これが、強迫性障害の代表的な症状です。一見、ちょっと変わった癖があるくらいに見える程度の、軽度の患者であれば、日常的に少し気を付けてみるだけでかなり症状は改善されます。

 

 

 

 

ですが、こういった意味のない行為に一日のうち相当の時間を費やして心身ともに疲弊が進んでしまったり、また強迫行為にかられすぎて日常生活に支障をきたすような中・重度の患者に関しては、しかるべき治療が必要です。

 

 

 

 

強迫性障害は精神的な疾患ですので、医療機関における治療の窓口は心療内科や精神科です。治療方法には、強迫行為を意識的に食い止める手法である精神療法、そして抗うつ剤などの薬を用いる薬物治療方法とがあります。

 

 

 

強迫性障害の程度や状況により、双方を組み合わせての治療が行われる場合もあります。

 

 

 

 

強迫性障害のメカニズムや起因については、いまだはっきりとは解明されていません。さらに、「病気である」という認知に関してもまだまだ世間的には知られておらず、家族や周囲の人間に理解してもらえずなかなか治療がすすまない、という困難もあるでしょう。

 

 

 

 

一方で、適切な治療をすすめていくことで改善の余地が十分に見込まれる疾患でもあるので、抱え込まずに医療機関に治療の相談をすることをおすすめします。

続きを読む≫ 2016/10/07 16:30:07

出がけに何度も、家の戸締りや火の元を確認に戻ったりする人に待たされて、イライラしたことはないでしょうか。一度や二度ならよくある事ですが、これが毎回となるとさすがにおかしい、と感じ始めるべきです。というのも、こういった無駄な行為を意味なく繰り返す行為は、大脳トラブルによる精神疾患のひとつである、強迫性障害の代表的な症例であるからです。

 

 

 

まず、こういった出がけのトラブルなどを何度か経験すれば、自然と「次は時間に余裕を見て、早めにチェックしておこう」などという意識が働き、次回からはすんなりと出かけられるものです。

 

 

 

 

ところが、強迫性障害がある人の場合、ちゃんとチェックした記憶があるにも関わらず、「それでもやっぱり確認に戻らないと、何かとてつもなく悪いことが起きる気がする」など、自分の中でそのムダな行為を『儀式化』してしまっているのです。

 

 

 

このように何らかの不安、はっきりした具体的な不安ではなくぼんやりとした想像上のものに押されて、患者は何らかの行為を繰り返さずにはいられなくなります。ごく軽い症状であれば、自分で気をつけることで生活上の支障を減らしていくこともできるのですが、基本的には病院や医療機関での治療が必要となります。

 

 

 

 

強迫性障害を治療し改善するには、抗うつ剤などの薬が効果的です。とにかく、患者が苦しめられている不安をやわらげる必要があるので、こういった薬で強迫観念を一時的に鎮める処置がなされます。

 

 

 

 

また、このような抗うつ薬に抵抗がある…という場合には漢方薬を用いた治療も導入されます。特に漢方薬の場合は、強迫性障害の持ちうる様々な症状の特徴にあわせて、細かい効果が期待できるというメリットがあります。実際の効果や副作用も多岐に渡るので、こちらも漢方医などの専門家の指導を受けながら、利用してみても良いでしょう。

 

 

 

このように、強迫性障害は医療機関と薬の効果によって、大幅に改善することができます。性格だから治らないというのは思い違いですから、ぜひ治療に向けての一歩を踏み出してみましょう。

続きを読む≫ 2016/10/07 16:28:07

強迫性障害とは精神疾患の一つです。症状は様々なものがありますが、一番よくみれれるものは「誤って誰かを傷つけたり殺したりしてしまうのではないか」という強烈な不安感に襲われます。

 

 

 

誰かを傷つけたいと思っているわけではないのですが何故かそう思ってしまいます。他にも「便、尿、ばい菌に汚染されてしまうのではないか」と言ったような事も考えます、人は多少汚いものを見るとばい菌が付くと思うのですが、その気持ちが強すぎて人に近づくのが怖くなったり、物に触れなくなったりなどの回避行動をするようになります。

 

 

 

また、何か物を触ったら何度も手を洗いに行くという行動を起こします。他にも自分のした事が完全だったのか疑問が沸いてきて、何度も確かめないと気がすまないという症状もあります。

 

 

 

例えば、カギをかけ忘れたか気になって何度も見に行ってしまうという行動に出ます。それを一人だけで解決すれば良いのですが、中には家族などに何度も確認させる巻き込み型というタイプもあり、重症の患者さんに良く見られます。

 

 

 

一度強迫神経症にかかってしまうと慢性的になり発祥しては悪くなったり良くなったりしながら経過していくのが普通です。

 

 

 

 

また、この病気にかかった人の半数はうつ病も併発することも特徴で自殺への危険性も高まってくるのが特徴です。症状に気がついたら精神科に受診するようにし重症になる前に治療をしましょう。

 

 

 

また、治療には薬物療法と精神療法の2つがあります。治療したからといってすぐに治る病気ではなく時間が必要なので家族は長い目で見守る必要があります。おかしいなと思ったら出来るだけ早く病院に行きましょう。

 

 

 

 

このように脅迫性障害は名前の通り何かに脅迫されているような感覚を常にもっています。ですので、何度も確認しなければ気がすまなかったり、周りにも確認するようになります。つねに不安が付きまとうので人に会うのを避けるなど、外に出る事をしなくなってしまいます。ですが、治療をして治していけば良くなっていく病気なので根気良く治療して言ってください。

続きを読む≫ 2016/10/07 16:25:07