強迫性障害の症状とは

強迫性障害とは精神疾患の一つです。症状は様々なものがありますが、一番よくみれれるものは「誤って誰かを傷つけたり殺したりしてしまうのではないか」という強烈な不安感に襲われます。

 

 

 

誰かを傷つけたいと思っているわけではないのですが何故かそう思ってしまいます。他にも「便、尿、ばい菌に汚染されてしまうのではないか」と言ったような事も考えます、人は多少汚いものを見るとばい菌が付くと思うのですが、その気持ちが強すぎて人に近づくのが怖くなったり、物に触れなくなったりなどの回避行動をするようになります。

 

 

 

また、何か物を触ったら何度も手を洗いに行くという行動を起こします。他にも自分のした事が完全だったのか疑問が沸いてきて、何度も確かめないと気がすまないという症状もあります。

 

 

 

例えば、カギをかけ忘れたか気になって何度も見に行ってしまうという行動に出ます。それを一人だけで解決すれば良いのですが、中には家族などに何度も確認させる巻き込み型というタイプもあり、重症の患者さんに良く見られます。

 

 

 

一度強迫神経症にかかってしまうと慢性的になり発祥しては悪くなったり良くなったりしながら経過していくのが普通です。

 

 

 

 

また、この病気にかかった人の半数はうつ病も併発することも特徴で自殺への危険性も高まってくるのが特徴です。症状に気がついたら精神科に受診するようにし重症になる前に治療をしましょう。

 

 

 

また、治療には薬物療法と精神療法の2つがあります。治療したからといってすぐに治る病気ではなく時間が必要なので家族は長い目で見守る必要があります。おかしいなと思ったら出来るだけ早く病院に行きましょう。

 

 

 

 

このように脅迫性障害は名前の通り何かに脅迫されているような感覚を常にもっています。ですので、何度も確認しなければ気がすまなかったり、周りにも確認するようになります。つねに不安が付きまとうので人に会うのを避けるなど、外に出る事をしなくなってしまいます。ですが、治療をして治していけば良くなっていく病気なので根気良く治療して言ってください。